Bentenkozou名義で活動する写真家、百々智広。彼が2作目となる自身の作品集を去年末にリリースした。撮影のロケーションに選んだのが、様々なストリート・カルチャーを生み出した歴史深き西海岸、アメリカのカリフォルニア州である。
 2015年初頭から企画を始め、モーター・カルチャーを軸にカリフォルニアのストリート・シーンで生きるキーパーソンたちを厳選。北はオークランドから南はハンティングトン・ビーチまで約2週間に渡り総勢18名のライフスタイルを撮り起こした。
 そして、膨大な量の写真を一冊に纏めあげたフォトブックを、CA TIMESと銘打ちリリース。この、ハードカバーで綴じられ、上質な紙とインクの香りが漂うプレミアムな一冊から、現在のリアルなカリフォルニアを感じ取ってもらいたい。

- CONTENTS -
004 - 015 #01 : MAX SCHAAF - Oakland, CA -
016 - 027 #02 : Ryan Grossman - Martinez, CA -
028 - 039 #03 : Wil Thomas III - Seal Beach, CA -
040 - 049 #04 : SCOTT T-BONE JONES - Santa Ana, CA -
050 - 057 #05 : Gabriel Griffin - Newport Beach, CA -
058 - 069 #06 - #07  John Edwards & Cantstay jose - Signal Hill, CA -
070 - 077 #08 : Steve Buchanan - Sun Valley, CA -
078 - 085 #09 : Eli Coban - Reseda, CA -
086 - 097  # 10 : Nao Makino - Lakewood, CA -
098 - 105 #11 :  Jason Webber - Anaheim, CA -
106 - 117 #12 : William W Buckingham III - Los Angeles, CA -
118 - 127 #13 : Harpoon - Orange, CA -
128 - 139 #14 : Go Taka

CA TIMES ( 2nd. Photo book )

¥4,000価格